特定電子メールの送信の適正化等に関する法律

重要

< 法務省パンフレットを参照しています >

・詳細は法務省のページへ >>>


■特定電子メールの送信の適正化等に関する法律のポイント


いわゆる迷惑メール対策については、特定電子メールの送信の適正化等に関する法律により、受信拒否をした者への広告宣伝メールの送信を禁止するなどの対応がなされてきたところです。

平成20年に特定電子メール法が改正され、原則としてあらかじめ同意した者に対してのみ送信が認められる「オプトイン方式」が導入されるなど、迷惑メール対策の強化がはかられました。改正法は、平成20年12月1日に施行されています。

                        1 オプトイン方式の導入
                        2 罰則の強化など
                        3 国際連携の推進


■広告宣伝のために送信される電子メールが法律の義務づけなどの対象


*法律改正により、広告宣伝メール全般について、オプトイン方式や、特定の事項の表示の義務づけ

*SMS(携帯電話どうしで短い文字メッセージを電話番号により送受信するサービス)も対象

*他人の営業のために送信されるものも対象

*非営利団体や営利を営まない個人が送信する電子メールは対象外

*海外から送信され、日本で着信する広告宣伝メールも対象